スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

iPhnoe4バックパネルを取りずしてバンパータイプとしても使用できる、最新型アルミ削り出しケース【EDGE LINE】(エッジライン)シリーズを新発売

iphone4アルミケースは、最近お洒落なのが多くて迷ってしまいますよね。
ファッション的に考えると、自慢できるものが多くて凄く素敵なんです。


ストラップホールがあれば、耐衝撃性もあるので安心感がありますね。
やはり落としやすいものなので、そういうのがあると嬉しいと思います。


それから持ちやすいというのも、アルミケースでは重要だと思います。
デザインと機能性を両立させたものは、すごく人気になっていますよね。


それから擦り傷が付きにくい加工を施してあるのは、凄く魅力的です。
お洒落なものをお洒落なまま使い続けたいので、かなり重要ですね。


カラーバリエーションなんかも多いので、そういったところも魅力です。
自分はブルーが好きなんですが、クールになるのでオススメなんです。


ところで携帯アクセサリーを中心として商品開発、販売を行っている
「アルマニア」は、アルミの無垢材から削り出したiPhone4本体の
外周を守るバンパーと取り外し可能なバックパネルの構成で
本体全面をカバーできるiPhone4用アルミ削り出しケース、
新製品『EDGE LINE』(エッジライン)をAmazonストアで販売してます。


アルミの無垢材から削り出したバンパー部品は全周を面取り加工された
削り出しを強調するデザインで、
ユニバーサル設計とアルマイト仕上げの表面になっているんですよね。


さらに、iPhone4本体のバンパー部分を保持する固定方法と
「アルマニア」の加工精度によって、iPhone4本体と一体化装着するため
長期間の使用したとしても、本体に傷を付ける事がないそうです。


iPhone4本体の裏側となる本製品のバックパネルには、バンパー部分と
分割構造のためバックパネルを取り外して、
本製品をアルミ削り出しバンパーとしても使用できます。


バックパネルは取り付けた状態であればiPhone4本体背面を一切傷つけず、
アルミを強調した堅実な質感が得られる、
バンパータイプかソリッドタイプかを悩む必要がなく、
購入後に気分や状況によってご自身で変更できるようになります。
色も7色もあるそうなので、ぜひお気に入りのものを選んでくださいね。

iPhnoe4バックパネルを取りずしてバンパータイプとしても使用できる、最新型アルミ削り出しケース【EDGE LINE】<br />(エッジライン)シリーズを新発売


ドリームニュース・ブログメディア参加記事



クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

2011年08月18日 クールニュース トラックバック:0 コメント:0

<< 大切な思いは『ほっと電報』で伝えよう | クールブログ クールな情報配達人TOP | デジカメで撮った写真をインテリアに!フォトパネル【LIBLO】FACEBOOKページ開設のお知らせ >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。