スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

損保ジャパンDIY生命、サラリーマン世帯の主婦1000名に聞く「2011年夏のボーナスと家計の実態調査」を実施

損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社では、全国の20~50代の、
サラリーマン世帯の主婦1000名(各年代毎250名 平均年齢39.7歳)を対象に、
「2011年夏のボーナスと家計の実態」をテーマとしたアンケートを、
2011年6月10日(金)~15日(水)に実施したそうですよ。


まずボーナス平均手取金額は2年連続増の67.6万円なんだそうです。
そして満足度は「66点」で、まずまずの点数だと思うんですよね。


2年連続増えているというのが、かなりいい傾向だなって思いますね。
満足度も悪くないと思うので、順調に回復して欲しいと思いました。


使い道は「預貯金」が減り「国内旅行(帰省含)」などが増加してます。
昔はボーナスが出ると、色んなものに使っていたイメージがありましたが
「国内旅行(帰省含)」が増えてきたのは、かなり嬉しいことだと思います。


さらに、夫の小遣いも3年ぶりに10万円台を回復しているそうなんです。
しかし約6割が家計“苦しい”、半数が見通し“厳しい”そうです。
理由として子供の教育費の負担や、収入減の不安などがあるそうです。


ほんと厳しい状態が続いてので、みんな大変なんだなって思いますね。
やはり攻めの姿勢よりは、守りの姿勢が浮き彫りになってきてるんですね。
なかなか不況が解消されない限りは、家計はすごく厳しいと思います。


さらに節約は東日本が「電気ガス水道」西日本が「食費の節約」がトップで
これは東日本大震災があったので、納得する部分が多かったりします。
自分も光熱費は節約しようと思ったので、実践しようと思っていますね。


さらに夫に内緒のへそくりは、昨夏より27.9万円減の336.6万円なんだとか。
このくそくりが下がっているというのは、やはり支出が多いからですよね。
もっとへそくりが増えれば、経済も活性化すると思うんですよね。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事




クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

2011年07月04日 クールニュース トラックバック:0 コメント:0

<< ECサイト構築のECBB株式会社、水着通販専門サイト「GUACAMOLE SHOP」へECBBオンラインショップ構築パッケージを導入。 | クールブログ クールな情報配達人TOP | 外国人ダンサーによるダンスショーが楽します >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。