スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

肛門科安藤外科 副院長 安藤秀行先生が語る内痔核の治療法『アルタ(ALTA)療法』

ドットコネクト株式会社が運営する医療業界の情報サイト
『Press-Medi』において、中日新聞 愛知県版に7月25日に掲載された
肛門科安藤外科 副院長 安藤秀行先生のインタビュー記事を公開しました。


痔というのは、なかなか治らずにしつこいっていうイメージがあります。
そこで病院に行きたいと思うんですが、どうしても怖いなって思うんです。


痔の治療は「恥ずかしい」「通院が面倒」「手術がこわい」等の理由で
治療を放置している人が少なくないので、すごく深刻ですよね。


痔は病院の先生に診てもらった方が、断然治るのは早いと思います。
しかし放置してしまうというのは、デリケートな理由があるからなんです。
自分も経験があるので、こういった不安は痛いほど分かるんですよね。


そこで、大腸肛門外科の専門医で、患者の負担を軽減する
最新治療を含め多様な、治療選択肢の中から患者1人ひとりに、
最も適した治療を手がけている安藤秀行先生が、
「痔」の種類や治療法、早期発見・早期治療の重要性等を解説してます。


こういった、患者さんのための治療を考えてくれるのは嬉しいですね。
特に、患者の負担を軽減するという言葉にすごく惹かれてしまいます。


インタビュー記事では、痔とはどんな病気でどんな種類があるのか、
その原因と症状、多くの人が持っている「痔=即手術」という
イメージに対する意見もあるので、これは見逃せませんね。


手術というのは、やっぱり最終的な手段なんだなって思うんですよね。
ですから相談してみて、いろんな方法で治療してみるといいと思います。


さらに、内痔核の治療法として注目を集めている
“切らずに治す”「アルタ(ALTA)療法」についても語られていますよ。


この方法は知らなかったので、ぜひ詳しく知りたいなって思いましたね。
やっぱり体を切るというのは、かなり負担が多いので悩みどころでした。
それがなくなるというのは、患者さんにとったら素晴らしいことですよね。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事




クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

2010年07月27日 クールニュース トラックバック:0 コメント:0

<< 高井外科 院長 高井一光先生と安藤クリニック 院長 安藤広幸先生が語る内痔核の治療法『アルタ(ALTA)療法』 | クールブログ クールな情報配達人TOP | ネット印刷通販システムのECBB株式会社、印刷受注システムにも対応した、ECBBネット印刷通販システムの本格提供開始。 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。