スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

小児治験の参加には治験薬の安全性の提示が重要

今までで一番長くアルバイトをしたのが、新聞配達の仕事でした。
団地が配達エリアだったので、住居が密集していて、
かなり配達しやすかったので、長く続いたのかもしれません。


時間的にも、ものの一時間ぐらいで配達し終えたので
時給的なことを考えれば、おいしかったと思います。


ただ、団地なのでエレベーターがなくて
階段の上がり降りがたいへんというのもありましたが
慣れてくれば、いい運動になって健康的になれますよ。


自分の場合、一時間ぐらいで配達できてしまうので
午前四時半くらいからの配達だったので楽でした。


ところでアルバイトといえば、治験募集もよくしていますよね。
治験被験者募集代行業務を展開する株式会社ヒューマンリンクでは、
2009年12月に、10代から70代までの男女1059人に
「小児治験に関する意識調査」を行ったそうです。


その結果、多くの方に治験が認知されており必要性も
理解されている反面、自分の子供に治験を受けさせるには、
安全性をどこまで提示出来るかが、小児治験を実施していくにあたり、
重要だという結果になったそうなので、なるほどなって思いました。


小児治験の知識と意義の啓蒙を行なっていくために
小児治験に関する一般の方の、意識調査を実施したそうなので
こういう結果を知るという事は、とっても重要なことだなって思います。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事






クールブログ クールな情報配達人のトップページはこちら

2010年03月30日 クールニュース トラックバック:0 コメント:0

<< ジェンダーフリー「カリスマ!オネエ?系セラピスト」TO-RU(トオル)のパワーストーンショップ『TO-RU'S STONE』がオープン | クールブログ クールな情報配達人TOP | 「日本農業新聞『国産まるかじりネット』」 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。